シンセサイザーと百合

パステルカラー寄りのシンセとガチ百合

アンビエント作成記録

2018/10/15:ambient#op1 #teenageengineering #synth #synthesizer #ambient

 

初めて編集らしいことをしてみた気がする。
別動画を挿入しただけだけど、それすらもあまりやりたがらない程、編集作業というものにこれまで苦手意識を感じていた。

アンビエント演奏動画に使う動画としては「生命の動き」「自然の雄大さ」「物体がただ何か現実に作用せずただ動くさま」のような映像が良く似合う。絵柄として、は坦々としているが、大枠すべてを映し出すかのようなものだ。

ただ、Brian Enoのようによく聞くと複雑な音色の構成だけど、喧嘩するわけではなく、ただ見ている側としては「川の流れ」を見ているかのような気持ちにさせられる「あの妙」はハードシンセ一台とエフェクターだけでは中々難しいかもしれない。

本業と家事との並行が大変なので、少々ワンループさせた音を垂れ流してそれっぽく編集しているだけの動画を上げるだけになってしまっているのが最近の現状だが(数は出したいという欲もあるため)、編集の複雑な作業操作と様々なコード進行のシーケンスとそれに合わせて色々な音色をためしていこうと思ってる。

2018/11/02Usual weekend#op1 #teenageengineering #synthesizer #synth #bedroomsession #lofi #soundscape #ambient