シンセサイザーと百合

パステルカラー寄りのシンセとガチ百合

「エンターテイメントしているか?」 - applemusicで聞けるハマってるアーティスト

最近applemusicで聞ける、かつハマってるアーティストをまとめようと思います。

 

CY8ER


[MV]CY8ER『かくしぇーむ』

 

アイドルアーティストはとにかく、「音源単体で聞いててもかっこいいなぁ」と思えるのが好きです。

 

彼女らの昔の動画で、バックをバンドにしてライブしているのがあるのですが、

 


はくちゅーむ(band ver.) - ストロベリー症候群

 

これがめっちゃ好きなんです。

ベース、ドラム、ギター、パッド(だよね?)の構成。これは盛り上がる。

沙村広明の「おひっこし」のワンシーンみたいで好き。

 

テレビ受け、つまり幅広い年齢層に受けるわけではないと思うのだけど、得意なものを生かしてるなぁ強いなぁ、とずっとここ最近感じているアーティストです。

 

(アンナさんとやみいさんが特に好きですが、みんなほんとにくぁいい)

 

 

東京ゲゲゲイ


東京ゲゲゲイ 「ゲゲゲイの鬼太郎」

 

エンターテイメントしてるでしょう?

 

ドリカムとコラボしている「世界中からサヨウナラ」のPVも面白いです。

なんというか、「ドリカムの曲の解釈の仕方」が面白いです。

 


東京ゲゲゲイ×DREAMS COME TRUE 「世界中からサヨウナラ」

 

「やるなら徹底的にやりなさい」というのは、何をやるかの道筋が分かっている時点で、期待を持つことは難しいのですが、このMVはまさに「ここまでやっていいんだ」ですよね。

 

 

バンドじゃないもん!


バンドじゃないもん!/YAKIMOCHI[MUSIC VIDEO]

 

在日ファンク全面プロデュースの曲、ってだけでアガリマス。バクダンッコッワーイ。(ぐみさんが好きです)

 


バンドじゃないもん!/恋する完全犯罪[MUSIC VIDEO]

 

こちらはGLAYのHISASHIが手掛けています。自分の中で聞きなれたGLAYを別の視点から見てみるといった楽しみ方もいいですよね(ぐみさんが好きです)

 

前に鷲崎健さんのラジオで上坂すみれさんがゲストで来ていた時、「上坂すみれをあらゆる人が興味を持ち作品にしたがっている」というようなことを話していて、「あー、そういうことか。それはいい方法だな」と思ったりしました。

 

オリジナルアーティストが歌わないというオリジナル、もしくはブランド、という風に考えてみると、上記の「世界中からサヨウナラ」もそうだし、カバーアルバムも、カラオケ配信だってそうなのだと思います。

 

 

「エンターテイメントしているか?」に対し、

彼らは間違いなく「今」しているすごい人達だと思います。

 

僕も、最近ほんとに作れていないですが、音楽はこの一点で考えていきたいです。